違う視点から見てみること

何かに行き詰まった時、焦りや不安で自然に視野が狭くなりがちです。きっとそれは、危機感を感じている生き物として自然な事なのかもしれません。

でも、そんな時だからこそ、まずは「私は今、うまく行かなくて焦っているんだな。不安なんだな」と気がつくこと、そしてその後に自分を違う場所から眺めてみる時間を取ることが、次の対処に気がつくきっかけになる事があります。

例えば、紙に人型の絵を描き、自分自身と見立てて、絵の自分がどういう状況にいるのか、眺めてみるのも良いかもしれません。
自分に対する見方の幅が広がると、何かしらの可能性が見えてくるかもしれません。

前の記事

正しいこと