家族支援とは

結論からいうと、家族支援とは、何らかの専門家が「家族を支援する」のではなく、「家族が家族の力を活用していく(セルフケアならぬファミリーケア)」だと考えています。

もしかすると家族支援は、「家族に何か問題があるから、それを解決するために支援を受ける」というイメージがあるかもしれません。しかし、「家族」という形で過ごしてきた月日は、想像を絶するほどのたくさんの支える力、支えようとしてきた力、さらに反発する力、があります。家族の形が変わった(離婚や死別)としても、それはあまり変わりません。

そのことに気がつかずにいることが時に生きづらくさせてしまうことがあります。家族の力は強いからこそ、心理的な距離が取れずにうまくいかないこともあります。
お話をさせていただくと、家族の話が出てこないときの方が少ないかもしれません。それだけ家族によくも悪くも影響されています。
自分の力、そして家族の力を俯瞰して、良いことも、悪いことも整頓することも生きていく工夫の1つかもしれません。