新年度

 毎年書かせていただいている内容にはなりますが、大切なことだと思っているので、あえて繰り返しお伝えしていこうと思います。

 新年度は、周囲の環境がとても大きく変わる時期です。ただでさえ、1日の気温の変化が大きく、また特に北海道は雪解けで毎日景色が変わります。そして日照時間も紫外線の強さも変わります。それらの自然環境の変化に加えて、学校や職場での人間関係や業務の変化などもあります。TVやラジオ、ネットでも「春が来た」というテーマの情報が多くなります。

 自分自身は何も変わらないとしても、物理的にも心理的にも身体的にも多くの「変化」の刺激を同時に浴びることになります。そのことを踏まえ、たくさん遣っている神経をいつもよりも丁寧に大切に休ませていく工夫が必要です。目を閉じる、暖める、耳を休める、筋緊張をほぐす・・・など気が付いた時に少しでも取り入れていくことが大切です。

 カウンセリングは、「話す」「やりとりをする」という比較的積極的な対処方法になります。刺激の多い春はあえて時間を短くする、頻度を下げるなど、ご無理なく活用していただけるよう工夫していきたいと思います。必要があればご相談ください。