ペットロス

ペットロスはごくごく自然な事とはいえ、時に体調が悪くなり日常生活に支障が生じることもあります。

人が亡くなった場合、たくさんの励ましをいただき、共感してもらいやすいですが、ペットが亡くなるときには、なかなかそういう機会もなく、しっかりと喪に服すことが出来づらいことがあります。「もっとケアできたのではないか」と悔やんだり、「ペットくらいで仕事を休めない…」「ペットくらいで笑われる…」などと思い、知らず知らずに気持ちを奮い立たせてしまいがちです。

また「いつまでクヨクヨしているの」「新しいペットを飼えばいいよ」など、励まされている言葉で傷つくこともあります。

ペットは家族以上の存在であることが多いです。「親が亡くなるよりもペットの方が辛かった」という言葉はよく聞きます。また言葉が話せないことや距離が近いことで、自分自身を投影している方も多く、まさに自分自身の一部が亡くなってしまったようになることがあります。

気持ちを話せばそれで解決するわけでもないですし、答えがあるわけではないですが、ただ一緒に気持ちを共有するだけでも、少しつぶやくだけも違うことがあります。ゆっくり焦らず、しっかりと喪に服す時間があればよいな、と思っています。

投稿者プロフィール

森近三智恵
森近三智恵

前の記事

不安の対処

次の記事

ご紹介